晋陽FPとは

当オフィスの投資ポリシー

そのココロは、合理的な思考と謙虚な姿勢です

1.まずはキャリアプランの充実ありき、です

あなたのお仕事こそが、人生における「最大の投資」です。
(あなたにとっていちばんの資産は、あなた自身であることをお忘れなく・・)
したがって「仕事には力を入れないで、その分上手に資産運用しよう」という考え方は、 本末転倒である考えます。(キャリアプランの充実が、健全な投資プランニングにつながるのです)

2.万が一(保険)に多大なコストをかけない

万が一に備えて支払うコスト(保険料)を極力抑えて、貯蓄する ⇒ 投資することを優先 させましょう。(貯蓄を積み増すことも「立派な保険」であることをお忘れなく・・)

3.多大な借金をしてマイホームを購入しない

これからの時代は雇用の流動化が進み、
手取り収入の【期待値】をはじき出すことが極めて困難になってきます。
多額の借金をして不動産を保有するより、金融資産を先に積み上げることが得策と考えます。


4.投資スタイルとして、「単品」ではなく「パック商品」を利用します

金融商品の選択肢として、
個別銘柄(単品)を選ぶのではなく、投資信託(パック商品)を利用します。
投資信託はリスク分散効果に優れ、私たち個人がポートフォリオを管理しながら、
効率的に運用を行うための「道具」として最適と考えます。
(また、倒産リスクを隔離できるという隠れたメリットもあります)

5.「モノ」(実物資産)への投資ではなく、「有価証券」のカタチを選択します

例)実物不動産 → 不動産投資信託(REIT)
有価証券は公の市場(いちば)が存在するため、
毎日価格付け(プライシング)が行われます。
したがって、いつでも時価で売り買いできる「流動性」が確保されます。

ページTOPへ

6.「二刀流」の投資スタイルです

投資にはストックからの投資(一括型)と フローからの投資(積立て型)があります。
個人の資産運用においては、ふたつのポケットを同時に活用することが重要と考えます。

7.利用する主な金融資産は株式です

歴史を振り返りますと、株式会社に投資することにより期待できるリターンがもっとも高く、 かつ実質上、唯一右肩上がりであると考えます。

8.預貯金は利用しません

預貯金は倒産リスクがあるなど、リターンのわりに潜在リスクが存在する金融商品です。 ポートフォリオにおける安全資産としては、MRF・円建てMMF等を利用します。
また、満期までの期間が長い債券も用いません。

9.「長期戦略」による投資を旨とします

あなたの人生時間に「資産運用」という作業を載せるだけなのです。したがって、時間スパンは“長期”であるべきです。(まずは10年。そして20年という時間尺度をイメージしましょう)

10.グローバル投資を旨とします

グローバルに分散投資を行う理由は、「未来のことは誰にもわからない」からです。
(その心は「世界を中心に収益の機会を求める。」)具体的には、資産の分散、国・地域の分散、通貨の分散を徹底させます。

11.ETF、インデックス・ファンドを利用します

インデックス投資は「市場の平均値」そのものに投資を行うため、保有コストが低く、
かつ引き受けるリスクを効果的に分散させることができます。
アクティブ・ファンドが市場のリターンを上回り、
投資収益を増加させるという明確な証拠はどこにもありません。


インデックス投資は「人を出し抜く」投資ではありません。
市場そのものの成長力」に投資を行うスタイルなのです。


ページTOPへ

12.公募ファンドを利用します

理由は、売買単位が低い、毎日時価を把握できる、
売り買いの流動性が確保されている、情報公開がなされている、という点からです。
(したがって情報開示に制限がある、単位型ファンド、ヘッジ型ファンドなどはお勧め致しません)

13.国・地域として新興国群をピックアップします

投資の本質は【未来の変化に対して、今意思表示を行うこと】です。当オフィスでは、
新興国群(エマージング・カントリー)への投資を重視しています。


14.統計データ・投資理論を重視します

資産運用は未来の事象を扱いますから、誰一人として成功を確約することはできません。
だからこそ、確かなデータが「道具」として必要と考えます。

当オフィスでは、さまざまな機関からの「統計データ」を駆使して、資産運用の本質に迫ります。
また、モダン・ポートフォリオ理論、CAPM(資本資産評価モデル)に則った資産配分の実践を目指します。 先人が遺してくれた知恵(データ・投資理論)を使わない手はありません。

15.「コスト削減」を重視します

資産運用におけるコストとは「確実なマイナスリターン」です。
コストをシビアにコントロールすることが、資産形成の王道と考えます。

16.税制に重きを置きません

投資を行うのは「未来の果実」を獲得するためであり、
今の税制を前提に投資スタイルを決定するのは危険ですらあります。
(税制とは変わるもの、税金とは運用における必要コストとお考えください)

※ 上記の投資ポリシーはあくまで晋陽FPオフィスの考え方であり、
お客様に強制するものではありません。

ページTOPへ

お問い合わせ先

晋陽FPオフィス

インデックス投資、
ポートフォリオのご相談なら
電話番号03-6435-0078

晋陽FPオフィス周辺の地図

印刷用拡大PDFはこちら

都営三田線 三田駅から徒歩2分
都営浅草線    〃
JR山手線  田町駅から徒歩3分
京浜東北線   〃

〒108-0014
東京都港区芝5丁目20-7
グランドメゾン三田603
OPEN 平日夜9時まで営業
Eメール info@sinyo-fp.com

印刷用拡大PDFはこちら

PDFファイルをご覧いただくには無料配布されている、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらのアイコンからダウンロードして御利用ください。