インデックス投資とは

インデックス投資 = 99%が「待ち時間」の投資 です

投資のイメージ・・?

皆さんは「投資」というと、
何かひとつの商品を選ぶことだと思っていませんか?

たとえば、個別株を選ぶ。 オーストラリアドル建て預金を選ぶ。
あるいは、毎月分配型の海外債券ファンドを選ぶなど・・。

ひとつの金融商品を選ぶこと自体たいへんな作業です。
しかし、それにも増してたいへんなのは、
選んだ金融商品の値動きをチェックし、時期を見て売買することです。

(ズバリ申し上げますが)当オフィスでは、
ひとつの金融商品を選ぶ必要はないと考えています。
・また、金融商品の価格を見て、売り買いを行う必要もないと考えます。

たとえば、こんな想像をしてみましょう。
あなたは今宵、満天の星空 を眺めています。

投資とは、満天の星空の中から
「たったひとつの星」を選び抜くことなのでしょうか。

いいえ、そうではありません。
満天の星空ぜんぶ買っても、別にかまわないわけです。

市場全体に投資を行うETF、インデックス・ファンドを保有し、
満天の星空すべてを持ち続ければ、
あなたは、どんな商品を選ぼうか、いつになったら売却しようかと
思い悩む必要がなくなります。

あなたの投資は ンプル、低コストで、かつ継続しやすい ものとなります。


ひと言でいいますと、投資に割く時間がほとんど ゼロ になるのです。
⇒ 市場の平均値そのものに投資を行う金融商品を、インデックス・ファンドと呼んでいます。
(ETFはインデックス・ファンドが上場した金融商品のこと)

たとえば、次のようにイメージしてください。
          
・「日本の株式市場の平均値を買う・・・」
・「ヨーロッパの市場をまるごと購入する・・・」
・「新興国22カ国の株式市場を保有する・・・」
  こういったことが、実際にできるのですね。
          
イメージとしてはあなたのおサイフを、
「世界全部に丸ごと預けてしまう」ことに近いのです。

広く「市場全体」に投資を行うことで、
あなたは世界経済が成長する「伸びしろ」を確実に受け取ることができます。
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インデックス投資は、これまでの投資の概念を変える「一大発明」なのです。

ページTOPへ

インデックス投資の効用

1.細かいことを気にせず、投資を大枠で捉えることができます。
2.あれこれ情報をチェックしたり、気を揉んだりする必要がありません。

3.自分のお仕事、家族のための時間を優先させることができます。
4.投資とつかず離れずの関係で、気長に付き合うことができます。


あなたは今の投資のやり方に【満足】していますか?


ところで、あなたの投資がシンプルになると、どんなメリットがあるのでしょうか?
答え) 投資が続けやすくなります。

投資が続けやすくなると、どんな効果が生まれるのでしょうか?
答え) 同じスタイルを継続することになり、結果として投資の収益が向上します。

つまり、インデックス投資を実践することで、
投資 シンプル 継続しやすい 収益
という、【ポジティブ・サイクル】に向かうのです。

市場の平均値を買ってしまうと?

あなたの投資は99%「待ち時間」となります(本当です!)
正直言って退屈になってしまうのです・・。

しかし、あなたの資金は文字通り
世界中の会社、人々のもとに旅立っていますから、
あなたは投資を続けることで、

1.自分という資産の意味を考えるようになります
2.未来につながる時間を思い描くようになります

3.お金をコントロールするのは自分だと実感するようになります
4.金融、経済に対する理解が深まります

5.人生の優先順位、ライフスタイルについて考えるようになります
6.コストと損益、リターンとリスクについて知るようになります
7.(そして、)世の中の見方が変わってきます!

とても重要なことですが、投資を通じて学べることは、
お金の殖やし方だけではないのです・・。

ページTOPへ

お問い合わせ先

晋陽FPオフィス

インデックス投資、
ポートフォリオのご相談なら
電話番号03-6435-0078

晋陽FPオフィス周辺の地図

印刷用拡大PDFはこちら

都営三田線 三田駅から徒歩2分
都営浅草線    〃
JR山手線  田町駅から徒歩3分
京浜東北線   〃

〒108-0014
東京都港区芝5丁目20-7
グランドメゾン三田603
OPEN 平日夜9時まで営業
Eメール info@sinyo-fp.com

印刷用拡大PDFはこちら

PDFファイルをご覧いただくには無料配布されている、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらのアイコンからダウンロードして御利用ください。